北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

渓谷美を満喫!層雲峡の景色を楽しもう!

札幌から層雲峡までは、一般道路を利用して距離およそ200km、4時間40分ほどかかります。高速道路を利用すると、距離およそ205km、2時間50分ほどで到着します。一般道路で行く場合、かなりの距離を走るので必ず途中に休憩をしながら運転するようにしましょう。

層雲峡は、大雪国立公園に位置し、石狩川を挟んでおよそ25kmの断崖絶壁が続く渓谷です。大雪山の山麓にある層雲峡温泉は、北海道有数の規模を誇る温泉街で、毎年、多くの観光客が訪れます。

層雲峡は、渓谷美が素晴らしいことでも知られています。その中でも特に大函・小函の景色は、必ず訪れていただきたいスポットです。ここへ行くには、層雲峡温泉より北見方面へおよそ6Km、新大函トンネルを過ぎるとすぐ左手に大函への入口が見えてきます。少々、わかりずらいようなので見逃さないように注意してください。

この壮大な景色は、大函狩川が大雪山の北の麓を削り取ってできた渓谷とされています。柱状で垂直に規則正しく並んだ姿が見て取れます。巨大な岩壁が、どことなく屏風のように見えます。周りの木々のコントラストとこの柱状の岩壁が見事にマッチしています。この景色は、まさに大自然が作り上げた見事な景勝地であることに間違いありません。

「小函」では、高さがおよそ200mの岩壁が迫ってくるような感覚を味わうことができます。一方「大函」では、小函よりもさらに巨大な岩壁が迫ってくるかのような壮大で雄大な渓谷美を見ることができます。なお、現在「小函遊歩道」は落石のおそれがあるため残念ですが、通行ができないようになっています。

秋の紅葉の時期は、一層渓谷美が増し、素晴らしい景色が広がります。秋に訪れるのもいいですね。普段とは違った景色を楽しむことができます。
また、浅瀬に大きなハートの形をした岩があるそうです。きれいなハートの形をしていますので探してみてください。新婚さんやカップル向けの観光スポットとしてもおすすめです。一層、愛が深まりますように…

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク