北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

ニセコのシンボル「羊蹄山」を登山しよう!

ニセコのシンボルである「羊蹄山」は、虻田郡京極町にあり「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。別名「蝦夷富士」と呼ばれ、西南北海道では一番高い山となっています。
火山活動は、3つの時期に分けられ、最初に現在の姿の大部分が作られ、2期目で溶岩が西と北東に流れました。最後に噴出の中心が東に移動し、現在の頂上部ができたと思われます。

羊蹄山の麓には、質や量が優れている湧き水が出ていて、特に噴出し公園の湧き水は年間を通してほぼ一定の温度を保っています。公園内の水は、質や量が良いため上水道や工業用水として活用されています。また、公園には、多くの観光客が訪れます。

このような羊蹄山の麓にある湧き水で有名なのは、「カムイワッカの水」です。一般開放されていますので連日、多くの人がこの水を求めてやってきます。

ニセコの顔とも言える羊蹄山は、四季折々の姿を見せてくれます。また、ニセコや京極町、倶知安側からみる羊蹄山は、全く違う姿をしています。是非、色々な角度から羊蹄山を堪能してください。春先には、まだ雪が残っているので、まさに「北海道の富士山」といえるでしょう。朝霧に包まれる羊蹄山は、とても美しく神秘的な姿を堪能することができます。運が良ければご来光の羊蹄山に出会えるかもしれません。

美しい羊蹄山は、登山する方にも大変人気となっています。小さな町ニセコにある魅力溢れる羊蹄山を是非、登山してみてはいかがでしょうか。登山道は4つあり、そのうち京極コースをおすすめします。往復すると約7時間かかりますが、頂上から眺める絶景は最高です。

ダケカンバが多くなる6合目、標高1000m付近から傾斜がきつくなり、登山するのも少々大変になります。しかし、登山の途中にある四季を美しく彩る鮮やかな自然に思わずうっとりし、疲れも忘れてしまうことでしょう。ここでしか見ることのできない高山植物が開花する7月から8月上旬は、色とりどりの羊蹄山の姿を楽しむことができます。

また、標高1600m付近には瞰望台が設置されていて、札幌近郊にある山々を見渡すことができます。高山植物を楽しみながら進んでいくと、頂上まではもうすぐです。最後の岩肌を左へ行くとようやく頂上へたどりつきます。

頑張って登山した羊蹄山。素晴らしい絶景が登山者の皆さんを歓迎してくれているはずです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク