北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

北海道の自然体験をしよう!知床、網走エリア

2005年5月に世界自然遺産に登録された知床は、北海道の中でも有数の自然が残る場所として知られています。

5月から8月までは、ヒグマの活動期間なので、ヒグマに遭う確立は大変高いものとなっています。北海道は、自然が多いのでヒグマの活動も活発です。知床の山間にある知床五湖は、特にヒグマに遭遇する確立が高かったため、地上遊歩道は、必ずガイドを伴って散策するように対応しています。

これで、知床でも北海道の自然体験が安心して存分に楽しめることができます。木々の息づかいや、自然の風、さえずる鳥の声などを感じることができるでしょう。

また、シーズンを通してきれいに整備されている高架木道での散策は、車椅子の方でも安心して楽しめることができます。この高架木道にある展望台からは第一湖と知床連山の素晴らしい大パノラマが広がって見えます。幻想的な知床五湖は、静寂なる湖といえるでしょう。

魅力あふれる自然が溢れている知床は、北海道の自然をここだけで体験することができると言っても過言ではありません。緑いっぱいの森の中でゆっくりと散策していると普段の生活を忘れるほど時間が止まったような気分になるかもしれません。新鮮な空気をたくさん吸って、雑踏の中で生活している日々の疲れを癒してください。北海道の自然体験には、このようなパワーがきっとあることでしょう。

さらにシーカヤックの海で地上とは違った自然を感じたり、マウンテンバイクに乗って知床峠からウトロまで15kmを下ことで自然を体験することもできます。

最後にカップルにオススメの名所を紹介したいと思います。「夕陽台」といって沈む夕陽が春夏秋冬で違う姿を見せてくれ、どの季節も大変美しく目に焼きつくはずです。北海道旅行の最後に知床に訪れていたなら、絶対に行っていただきたいと思います。ロマンティックな夕陽が待っています。

次に網走で自然体験ができる所を僅かですが紹介します。網走から女満別にかけて、52haものミズバショウの群生が広がる国内最大級の網走湖は、雪が溶け始める4月中旬頃から可愛らしい白い花をつけはじめます。

また、市内になるファミリーキャンプ場の「てんとらんど」は、大変広く東京ドームのなんと23個分の敷地面積があります。キャンプ場から眺めることができる、知床半島やオホーツク海は、北海道そのものの大パノラマといえるでしょう。

大自然の中で思い切りアウトドアを楽しめることもでき、北海道の自然体験も存分に堪能できるキャンプ場です。また、4月から10月までイベントも随時行われており、ますます楽しめることでしょう。この広いキャンプ場で北海道の自然体験を余すことなく味わってください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク