北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

北海道の自然スポット情報!エリア別おすすめ情報

北海道は、大まかに分類すると「道南」「道央」「道東」「道北」の4つのエリアに区分されます。
道南は、函館市付近。道央は、札幌市・小樽市付近。道東は、帯広市・釧路市。道北は、稚内市付近となります。
それぞれのエリアには、北海道の自然を満喫できるスポットが数多くあります。北海道は、大変広いため全部を訪れることは、なかなか難しいので、
多くの観光客が訪れる代表的なおすすめスポットに絞って紹介したいと思います。

 道南エリアのおすすめ「大沼国定公園」

道南エリアでのおすすめスポットは、函館近郊にある「大沼国定公園」です。この公園は、大変広く3つの湖と駒ケ岳を包みこんでいます。
また、大小様々な小島もあり沼や木、あるいは動物に出会うこともあり、さらに数多くの植物を楽しむことができます。
自然あふれるこの公園で、存分に北海道の自然を楽しんでください。
その他、おすすめとしてアウトドアやインドアなどを体験することができますので、時間に余裕があるのでしたら参加してみるとよいでしょう。
大沼公園は、撮影スポットもたくさんあります。これぞ北海道の自然という場所でカメラのシャッターを押してみてはいかかでしょうか。

 道央エリア「モエレ沼公園」

モエレ沼公園

モエレ沼公園
廃棄物を埋め立て後に造成された都市公園。彫刻と四季毎に変わる景色がとても魅力的な公園です。

見下ろすモエレ沼公園

道央エリアでのおすすめスポットは、札幌市中心部より東方面にある「モエレ沼公園」です。この公園は、とにかく広いです。
イサム・ノグチの彫刻が、あちこちにあり、来る人の目を楽しませてくれます。ちょっと不思議な世界観を体験できます。まさに、彫刻の公園といった
ところでしょうか。是非、自分の目でみることをおすすめします。公園内は、噴水や小高い山、長い石畳の坂などがあり、
歩く距離も半端ではないので、普段の運動不足解消にもなるかもしれないですね。この公園も十分に北海道の自然を満喫できる隠れたスポットです。

 道東エリアなら「三大湖(阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖)や釧路湿原」

「摩周湖」 〝霧の摩周湖”と呼ばれるほど、霧のかかる日が多く、不思議な存在感のある湖です。とても神秘的な湖です。

「摩周湖」
〝霧の摩周湖”と呼ばれるほど、霧のかかる日が多く、不思議な存在感のある湖です。とても神秘的な湖です。

「阿寒湖」 道東で5番目に大きい淡水湖。特別天然記念物のマリモや生息する有名な湖です。

「阿寒湖」
道東で5番目に大きい淡水湖。特別天然記念物のマリモや生息する有名な湖です。

「屈斜路湖」 コバルトブルーの美しい景観が見れるカルデラ湖。砂湯やキャンプ、フィッシングなどリゾート面も充実しています。

「屈斜路湖」
コバルトブルーの美しい景観が見れるカルデラ湖。砂湯やキャンプ、フィッシングなどリゾート面も充実しています。

道東エリアのおすすめスポットは、有名な阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖の三大湖や、釧路湿原、知床五湖など古くから自然が眠っている湿原、
神秘的な姿を映す湖やうっそうと茂っている原生林など道東エリアには人工に左右されない大自然の魅力が多く残されています。
日本最北の海である、オホーツク海に突き出た知床半島は、原生林に覆われいて、「日本最後の秘境」と言われています。
カキで有名な厚岸では、身が大きくプリプリしたカキを堪能できます。きっと道東エリアの自然溢れる魅力に圧倒されるはずです。
車があるのなら見渡す限りの自然が広がっているのをさらに感じることができるでしょう。

 道北エリアなら定番の「宗谷岬」

「宗谷岬」 日本の最北端の地。間宮林蔵の像が近くに立つ。一度は行ってみたい日本最北の地。

「宗谷岬」
日本の最北端の地。間宮林蔵の像が近くに立つ。一度は行ってみたい日本最北の地。

道北エリアのおすすめスポットは、北緯45度31分14秒にある日本最北端の岬である「宗谷岬」を絶対外すことはできません。天気が良ければサハリンが見えることもあります。

夕暮れの宗谷岬もとても情緒的な光景です。

夕暮れの宗谷岬もとても情緒的な光景です。

滝上町にある、芝桜は一面がピンク色で彩られ思わず息をのむ光景でしょう。この公園でも十分に自然を感じることができます。
ちょっと足を伸ばして利尻島や礼文島を訪れてはいかがでしょうか。ここの島でしか見られない植物が咲いており、自然溢れる中での散歩は楽しいこと間違いなしです。
道東エリアにも岬や湖、山や公園と自然を感じることができる自然スポットがたくさんあります。

北海道の自然を満喫できるスポットを全部紹介することはできませんが、旅行先を考える際の参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク