北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

北海道の野生動物「エゾリス」の生態

北海道で出会える野生動物「エゾリス」の生態

エゾリスは、北海道でしか見ることのできない貴重な野生動物です。エゾリスのぬいぐるみのような愛くるしさには思わず笑みがこぼれます。

尾っぽと耳の長い毛が特徴的なエゾリス

エゾリスの大きさは、雌雄ともにそれほど差はなく、体長は22~27cmほどです。尾っぽが長いのが特徴で16~20cmほどあり、この尾っぽは、木の上を俊敏に移動するときの平衡感覚を保つための重要な役割を果たしています。

耳の長さは3~4㎝。体重は、300~500gと小さい野生動物です。毛の色は、喉から胸の部分及び腹部にかけては白く、他の部分は夏季は茶色で冬季は、茶灰色となっています。

エゾリスの赤ちゃんの体長は、6~8cmと小さく尾っぽの長さは、約3㎝、体重は8~12g程度です。尚、目と耳は、ほとんど機能していなく、体にも毛がほとんど生えていないのが特徴です。

「野生動物が見れる」ところといえば山の奥とイメージするかもしれませんが、北海道は、都会の札幌でも見ることができます。広い北海道には、自然豊かな公園が多いことからエゾリスを多く見かけることがあるといえます。

小さなエゾリスは、素早い動作と鋭い爪を立てて枝を走り、その姿はまさにスピードランナーのようです。カメラを向け撮影しようとしても、あまりにも素早い動作なので、撮影するには一苦労しそうですね。

冬にも活動的なエゾリス

エゾリスは、昼に活動する野生動物ですが、活動時間は、季節によって違います。また、冬眠はせずに冬季でも活動します。

2匹のエゾリス

食事については、雑食性で主に植物類を好んで食べます。果実や種子、葉などを食べる姿を見た方も多いと思います。

子育ては雌だけが行います。子供は、生後8週目ころから植物性のものを食し、10週目くらいには離乳します。親離れも早く、翌年には、繁殖可能になります。

自然の多い北海道では、多くの野生動物が生息しています。この自然を壊すことなく人間との共存ができるようにすることが私たちの重要な役割といえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク