北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

北海道の野生動物「ナキウサギ」の生態

北海道に生息するネズミのような野生動物「ナキウサギ」

ナキウサギは、北海道だけに生息する野生動物です。俗にドブネズミを大きくした獣として知られています。北海道だけにしか生息しないナキウサギは、世界的にみればユーラシア大陸と北アメリカ大陸などに生息するといわれています。

体重は、60~150gほどで体長は、10~20cmほどで夏の毛色は赤褐色で、冬は、灰褐色から暗い褐色になり、年2回毛変わりします。尾っぽは短いため体の毛に隠れてしまうので、ほとんど見えません。また、正面から見るとナキウサギは、ネズミと見分けがつかない野生動物です。ネズミとの見分け方は切歯の数が違うという点で、ナキウサギは4本、ネズミは2本あります。

ナキウサギの生息環境

ナキウサギは、主に800m以上の高い山のガレ場を生息地とし、岩の隙間で生活をします。北海道では、北見山地や大雪山系などで多く見ることができます。

食事は、植物を好み、茎や葉、花や実などを食べます。ナキウサギは、冬眠せずに夏から秋にかけて岩の間に冬のための食物をためこみます。この行動は、野生動物ならではの知恵といえるでしょう。

ナキウサギは、雌雄とも同性に対する縄張りを持ちます。繁殖期は、年1回春から夏で、1回に1~5頭の子どもを産みます。「ナキウサギ」の名前の通り、甲高い声でよく鳴きます。また、雌雄とでは、鳴き方が違うといわれています。小さな体からは想像できないほど鳴き声は、北海道の大自然の中で大きく響きわたっていることでしょう。

また、ナキウサギは、準絶滅危惧種とされています。自然の多い北海道では、数多くの野生動物が生息しています。自然の中で生きるためには、獲物を捕らえて生きていかなければなりません。このナキウサギも一時期減少し、その地域には、エゾシカが群れをなしているといわれています。

面白い行動として、日が落ち真っ暗になっても岩の上で、じーっと動かずに何かを考えている姿をみかけることもあるそうです。敵の気配を感じ警戒しているときには、このような姿をするといわれています。

ナキウサギは、夜行性ではなく昼に活発に行動します。食べ物を見つければ、せっせとお気に入りの岩に入り取った食べ物を食べているという行動を繰り返すそうです。しかし、その姿はなかなか見ることができないということです。
広大な自然が広がる北海道は食べ物の種類も多く、食べることも冬のための備蓄も必死に行っているといったところでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
スポンサーリンク