北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

冬の流氷を飛ぶ「オオワシ」を見に行こう!

流氷の空を飛ぶオオワシ

北海道の冬といえば流氷を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。アムール川からオホーツク海に注ぐ淡い水が氷結し、南下するにつれて大きくなります。これが流氷で、1月下旬ころから白い神秘的な姿でオホーツク沿岸で見ることができます。

国内では、北海道のオホーツク沿岸でしか見ることのできない感動的な風景で、毎年多くの観光客がこの流氷を見にやって来ます。この冬の風物詩である流氷を見る方法は、流氷砕氷観光船に乗って見学するのが一番です。

流氷には、オオワシやオジロワシ、流氷の天使といわれるクリオネの姿も見られます。流氷の光景は実に感動的で、このような世界があるのかと思わずにはいられません。北海道のでしか味わえない光景です。

オオワシのアップ

ここで見ることのできるオオワシは、羽を広げると2mほどになり、羽を広げて飛ぶ姿は大迫力で実に勇ましいものです。そして、この飛んでいる姿がやはり一番カッコイイですね。オオワシは、口ばしと足が黄色で翼と体は白と黒色をしています。目は鋭く、エサを取るときはもっと鋭くなるのでしょう。

エサに狙いを定めたときやエサを捕らえたときは、他の鳥に横取りされないように体を丸めて移動します。いつも堂々としているオオワシからは少し想像できない姿ですね。冬は、エサも不足しがちですから、勇ましいオオワシも必死なのでしょう。

木の上のオオワシ

観光船に早朝乗車すると、国後島から朝日が昇る光景が見られ、その朝日に照らし出された羅臼岳と流氷の上を群れをなして飛ぶオオワシの姿は実に感動的な光景です。大パノラマに羽を広げ自由自在に飛ぶオオワシの光景は是非見ていただきたいものです。

この冬の北海道でしか見ることのできないオオワシが雄大に飛ぶ姿は、ファミリーでもカップルでも楽しむことができます。ちょうど北海道の厳しい冬の時期となりますが、暖かい服装でお出かけになってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク