北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

知床散策ではヒグマ対策を考えておくことが大切!

知床の自然散策には「ヒグマ」への対策をしっかりとろう!

北海道は、ヒグマの生息地として広く知られていますが、中でも知床はヒグマとの遭遇率が非常に高くなっているといわれています。知床では、ヒグマは出るものではなく、「いつもいるところ」として捉えています。

大自然が多い知床を気持ちよく散策していると、突然ヒグマに遭遇してしまうことも決してないとは言えません。ヒグマの性格や遭遇してしまったときの状況などにより、対策も対処方法も違ってきます。ヒグマとの事故を避けるためには、ヒグマと遭遇しないことが一番よいことです。

しかし、いくらこちらが注意していても自然の中で生息しているヒグマに、遭遇してしまうこともあります。もし、遭遇してしまったら、とにかく落ち着いてゆっくりと静かにヒグマの様子を確認しながらその場を離れましょう。

ヒグマがゆっくりと近づいてきたら、人間だということを知らせるためにヒグマより高いところから大きく腕を振り、穏やかな口調で声をかけましょう。また、コグマには、絶対に近づかないようにします。その傍には必ず親グマがいますので、コグマを守る為に突進してくる可能性が高いからです。何にせよ、ヒグマには絶対に近づかないようにしましょう。

必ず持っておきたい「クマスプレー」

クマ対策には必ず持っておきたいクマスプレー

クマ対策には必ず持っておきたいクマスプレー

対策として「クマスプレー」を必ず携帯するようにします。ヒグマが人間と分かっていながら接近してきて、逃げ切れそうもないときにこのスプレーがヒグマ対策として威力を発揮します。鼻や目に一気に噴射するようにします。また、2人以上で知床散策をしているときには、まとまって行動するようにします。棒や木など武器になりそうなものは手に取るようにしましょう。

一番の対策は、知床の自然を壊さないことです。散策中に食べ物や飲み物を捨てたりする行為はヒグマをおびき寄せる原因となります。学習能力の高いヒグマは、この行為を覚えてしまいます。ですから、人間だと認識したときに攻撃してくることもあるわけです。

ヒグマ対策は、人間がルールを守れば回避できることが多いはずです。知床でヒグマと人間がうまく共存できることが望まれています。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
スポンサーリンク