北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

春の北海道旅行!服装はどんな格好をすればよい??

11月から3月頃までの長い北海道の冬に別れを告げ、春を迎えます。しかし、3月は、まだまだ寒い日が続きます。3月になったからといって、北海道には、なかなか春らしい気候とはならないのです。道には、雪が残り雪が降る日もあれば積もる日もあるのが現状です。そんな北海道の春の服装ですが、冬の服装と春の服装を上手に組み合わせて過ごすとよいかと思います。

札幌市の3月は、気温が氷点下になることも多くあり、まだまだ冬の服装が活躍します。4月になると、少し暖かくなりますが、それでも平均気温は、7~8度くらいです。服装は、徐々に厚手のセーター、素材としては、ウール仕様の服装から綿や麻仕様の服へと変わります。

服装が変わるだけで、北海道にも春がきたなと感じることでしょう。しかし、朝晩は、春とはいえ寒いのでアウターは、暖かいものを着ることをオススメします。

春の北海道の服装は、結構悩むものです。暖かい日中などは、インナーはキャミソールや半袖などでも大丈夫ですが、寒いときは、機能性の高いインナーを着るようにしましょう。気温の感じ方は、人それぞれ違いますので、自分の感じる寒さ、暖かさで服装を調整しましょう。パンツやスカートを履く場合、3月上旬頃の寒い時期は厚手のタイツを選び、4月頃からは、多少薄手のストッキングを履いても大丈夫でしょう。春とはいえ、北海道は本州に比べ寒い日がありますので、急に薄手の物に切り替えないよう注意するよう気をつけてください。

ジャケットなどは、3月はまだ冬物のコートを着用しましょう。春の北海道は、北風が吹く日も多くあり寒いので、春物のジャケットは、4月中旬頃から活躍するようになります。また、春とはいえ手袋やストール、マフラーも活躍します。北海道旅行の際には、忘れずに準備しておきましょう。

このように春とはいえ、北海道での服装は、冬と春が同居していて、何を着たらよいのか確かに悩んでしまいます。旅行の際には、冬物と春物の両方を持って行くとよいでしょう。また、靴ですが雪が残っている可能性が大なので、油断は厳禁です。

滑らない靴を選ぶようにしましょう。4月頃は、雪どけ時期を迎え道がぐちゃぐちゃなので防水スプレーがあると便利です。春だからといって、パンプスやスニーカーは、避けた方が無難です。春の北海道は、本州とは、温度差も大きいので、冬着で過ごす日が多いのが事実です。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
スポンサーリンク