北海道の旅行で絶対行きたい「大自然」! 家族とカップルにおすすめしたい北の大自然情報!

menu

北海道自然ch

泉質豊かな北海道屈指の温泉郷 登別温泉「地獄谷」へ行ってみよう!

高速道路を利用して札幌から登別までは、およそ2時間で到着します。一般道路を利用するとおよそ2時間45分かかります。

登別温泉には、実に9つの泉質があります。さすがに北海道屈指の温泉郷といえますね。簡単ではありますが、登別温泉が誇る9つの泉質について紹介します。入浴するときの参考になれば嬉しい限りです。

・乳白濁で独特の臭いがする「硫黄泉」
・無色透明で日本で一番多い泉質「食塩泉」
・皮膚や粘膜を引き締める効果がある「明ばん泉」
・無色透明で塩味がする「芒硝泉」
・よく温まり貧血や慢性湿疹などに効果がある「緑ばん泉」
・タオルが赤くなり金属のような味がする「鉄泉」
・無色透明で殺菌力が強い「酸性鉄泉」
・無色透明で美人の湯ともいわれる「重層泉」
・万病に効く温泉として人気がある「ラジウム泉」

登別温泉は、1日1万トンの湧出量があり、源泉温度は45度から90度の高温となっています。そして登別温泉の魅力として、9つにも及ぶ泉質があることです。これほどの泉質を持つ温泉は珍しく、別名「温泉のデパート」と言われるほどです。日頃の疲れた体と心をリフレッシュするためにも是非、多彩な登別温泉の泉質をお楽しみください。

そして、登別といえば「地獄谷」が有名です。温泉街から近いこともあり温泉の利用者は、必ず立ち寄る観光スポットとなっています。この地獄谷は登別温泉で使用する源泉地となっていて、直径450mもある爆裂火口は、現在も活動しています。地獄谷の遊歩道を歩いていると硫黄の香りが鼻をつきます。なんともいえない臭いに包まれている地獄谷。さらに、あちらこちらから周りが見えなくなるほど真っ白なガスが噴き出ています。このような地獄谷も四季によって様々な姿を見せてくれます。違う季節に訪れてみるのもいいですね。

最後に、登別温泉といえば「鬼」を思い浮かべるのではないでしょうか。「鬼の棲む地獄」と言われる由来は、地獄谷の多数ある湧出口や噴気孔が泡を立て煮えたぎる風景をさしたものだそうです。

なお、地獄谷にある展望台の照明は午後11時まで点灯しているそうですが、日没までに見学をすることをおすすめしているということです。

登別温泉は、ファミリーでもカップルでも有意義に過ごすことができます。また、家族同様に過ごしているペットも宿泊できる温泉宿もありますので問い合わせてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
スポンサーリンク